『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『2013 0810 Wカップ』
こんばんは、ほしのあきです♪


先日、サブキャラの高島彩でWCに出てきました。

えぇ、ネデ枠として参加してきました。
たぶん海龍さんが2艦隊出す国として
決勝リーグに進むことが最も過酷な国の一つのネデ。


今回は、そんなWCに出たお話をツラツラと書いていきます。
今回のWCですが、直前まで出る予定は実はありませんでした。



というのも、メンバーが揃わないという切実な面もありましたが
やる気の減少というのも無かった訳ではなく。。。


そんな中、友人の旭氏から連絡が。


旭「ユーカリさんがWCの艦隊に高島さんを
 メンバーとして誘いたいみたいなんだけど・・・。
 どうかな?」



この問いかけに、最初は断ろうかな、という気もありました。


ユーカリ氏に指名して頂いたことはありがたいですが
一緒に組んだこともないメンバーと今から練習を
始めたとしても2枠しかないネデ枠を海龍さんから
奪える可能性がどれだけあるだろうか?
もしやるとしたらアレしか方法はないんだけどな・・・。



そんな考えを巡らせていたときです。



旭「白兵ゴリ押し艦隊みたいなんだけど」












ほしの「参加する」








というわけで、ユーカリ氏以外のメンバーが誰かも聞いてないのに
早々に受諾してました。



そう。先ほど書いたアレというのは
白兵ゴリ押し超特化の艦隊のこと。



ハッキリ言えば、現状で海龍さん達とまともに戦って
勝てる腕なんか私に無いしー。


もうね、火を見るより明らかとかいうレベルじゃない。
だって練習模擬のときですら一回も勝ったことないからね!



同じことやって勝ち目ないのが分かってるんだから
いっそ、勝ち目のある分野をとにかく特化させてやろう。
時代に逆行しているとか良く分からないけど
まずはユーカリ氏と話してみよう。
それで意見の食い違いが大きければ参加を辞退させて頂こう。



そう思っていた時期が私にもありました。



旭氏から紹介を受けた次の日にユーカリ氏と連絡を取り
他のメンバーもそのときに紹介されました。
izaberu氏、どん氏、三冬氏、オクタビ氏


そこで艦隊の方針について話し合ったのですが
これがまぁビックリするくらいにユーカリ氏の
考えていた艦隊方針が私のと一致。


カタリナ1隻・板ソブリン4隻
全員キャノンか、もしくはカロ一人だけ
他にも色々ありましたが、かなりの細部に至るまで
近しい方針を考えていることが分かりまして
快く参加を表明させて頂きました。


その日、結構長くに話し合いを続けまして
艦隊編成の細かい打ち合わせを行いました。



以前、カサブランカカップで似たような艦隊を作りましたが
そのときの経験を踏まえて色々こちらからも提案を行い
苦労したことや改善点などを話し合いの中に盛り込みました。



苦労したことナンバー1は「公開練習が出来ないこと」



理由は至極簡単。
見られて、対策を取られたら勝ち目がなくなるから。



その対策とは?
迎撃のソブリン4隻、連携1隻の艦隊になられること。
今の時代、白兵値で装備品なんかで色をつけたところで
正直言って大差ないです。無いよりマシかな程度。
それより大学SSの組み合わせと迎撃により
白兵防御力が400~450台の船がいることが
この戦術にとっては大きな脅威です。



上記の理由により、練習相手にも苦労するために
当然ながら練習不足・艦隊としての連携不足にもなりがち。



しかし、今回はHBの方々が練習に付き合って下さいまして
本番前に色々と試すことが出来ました。
ハインドの轟音機雷を試したり
板ソブリンを一人外して司令塔にしたり。



その中でもハッキリとしたのは
「全員、拘束を付けよう」




もうね、時代に逆行するんだったら
とことんまで逆行してやろう。



もうね、こんなのまで作っちゃいました。
WC用ゴリアテの剣
武器鍛錬具50個入れました><



砲撃?なにそれ美味しいの?
ってくらいまで砲撃を捨てる。


そして私がこのメンバーに加わるときに言った言葉。


「この戦術は、勝っても負けても嫌われます」



当初の予定通り、やっぱり嫌われましたw






そして迎えたネデ予選当日。



2枠を争う(私達にとっては)極上の試練。
徹底した情報統制によってこちらの手の内は明かさない。
もうね、1戦目が全て。奇襲失敗したら目も当てられない。



と思っていたら。



オスマンの国籍での参加チームが0だった為に
ネデが+1枠になりまして
ウチと海龍さんの2チームが決勝リーグへの
参加が確定しました!
ワチョ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪




さー、今日はこれ以上戦わないなー
帰るぞー



とか思ってました。えぇ。



順位決めの為の試合があることなんて忘れてました。
(ノД`)シクシク



覚悟を決めて挑んだものの
一戦目は一人だけ60人近くまで追い込んだものの
旗を撃沈されてしまい負け。
二戦目は情報が行き渡っているので
当然ながら更に負けゲー確定。



0勝2敗でネデ3位で決勝リーグ進出
(´・ω・`)




良いんだ・・・良いんだ・・・。



きっと花咲く日が来るさ・・・。
(´;ω;`)ブワッ




そしてWC決勝リーグ当日までは
一切、ファロでの練習には参加せずに
他の場所でHBさんの艦隊に練習相手になって頂き
こちらの戦術を全て打ち明けた上での
編成を作って頂いての模擬をしてました。



多少の対策なら怖くないですが
いざ対策された場合の対処法を
ずっと手探りで探してました。



結果、旗ユーカリをカタリナにして
板ソブリン3隻、司令ソブリン1隻
全員拘束、超白兵特化艦隊。



対策を取られてきたHBさん相手には
正直練習での勝率は3割以下といったところ。



しかし、対策を打ってこない相手にこれをやったら・・・。



という楽しみはありました。



そして迎えたWC決勝リーグ当日。


相手は強敵揃いでした。ホントに。
1戦目。フラのあやしげさんチーム。
ここには、ホント運良くですが
相手の旗がリングアウトしてくれたお陰で
ラッキーな勝利を手にすることが出来ました。



2戦目。ポル予選1位通過のお嬢様艦隊。
もうね、序盤から私がチグハグになって
旗を置いてけぼり。
結果、旗を孤立させちゃって3分で終了。
ユカリ、申し訳ない( TДT)ゴメンヨー



3戦目。むこうぶちさん。
ここでようやくリズムを掴みまして
かつ相手が白兵に対しての対策を
ほぼ行ってこなかったお陰で
旗を拿捕することが出来ました。



2勝1敗での、まさかの決勝トーナメント進出。


この艦隊を編成したとき、誰がこれを予想したか?



ハッキリ言うと私はここまで進めることは
全く予想してなかったwwwww




そして迎えた決勝トーナメント第一戦。


相手はインフィニティさん。


かつて何度もWCの舞台で屈辱を味わわされた相手。
ただ、今回ばかりは勝手が違ったようです。


全員拘束、全員白兵特化という異質の艦隊で
相手も戸惑ったのでしょうか、
運良く長期戦に持ち込むことが出来まして
相手旗がリングアウトによる勝利。



・・・準決勝まで来ちゃったよ、オイ。



こんな場所、初めてきたよ。




そして迎えた準決勝。



相手は・・・海龍さん。
優勝候補ですね、はい。
そして一週間前にボコボコにされてます。


そして今回もボコボコにされましたorz



最終戦として3位決定戦。
ここに万が一勝てれば表彰される。
相手はスェーデン枠を勝ち取った
玉ちゃんトコ。
しかし、私自信のミスも多大にあり
ここも負けてしまいました。




結果としてはW杯4位という
私の中で過去最高の成績になりました。



叩かれること、晒される事を覚悟で挑んだこのW杯。
当然、好かれることも無く、叩かれてます。



けど、私は皆に言いました。
「(この艦隊の場合)叩かれることは、
 褒め言葉だと思おう。」


もうね、ドMになれ、とw





メンバー結成からWC本番まで僅か二週間足らずでしたが
練習相手から本番当日のサポートまで
様々にご協力頂きましたHBの方々に
多大なる感謝の気持ちをここで表明します。

本当にありがとうございました。


20130810WC終了後SS

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2013/08/13 22:49】 ほしのあき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サマーチャレンジミッションをやってみた結果wwwww | ホーム | アップデート 北欧の獅子>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://shionsyudoukai.blog80.fc2.com/tb.php/600-5a3520d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。