『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『イングランド昔話(眠れる森のあき)』
昔々、あるところに
お爺さんとお婆さんがいました。


お爺さんは山田をシバき倒しに、
お婆さんはナイル河に採集に行きましたとさ。
お婆さんが採集をしていると、
下流の方から何かが流れてきました。



どんぶらこ~


どんぶらこ~・・・














それはそれは、とても大きな
商大ガレオン
でした。



お婆さんは、とても驚き腰を抜かしました。


「うひゃあ!沈没船の地図を使わないで
 沈没船をゲットしたわい!うひゃひゃ!!」




そう。この商大ガレオン。白旗だったのである。



「採集してるよりも、よっぽど大きな儲けになるわい。
 爺さんへの手土産が出来たぞい。ふぇふぇふぇっ」





それにしてもこの婆さん、ノリノリである。




商大ガレオンを担いで家まで持って帰った婆さんは、
とても疲れていました。



お爺さんが、程なくして帰ってきました。


ガラガラッ<引き戸を開ける音

「婆さんや。今日は山田をPKK出来たぞぃ。
 これでヤツとの戦歴は68勝469敗になt・・・」








「・・・( ゚Д゚)ポカーン」








「うひゃあああ!?」 




お爺さんは、お婆さんが期待していた以上の
リアクションで返してくれました。
腰を抜かすと同時に
入れ歯まで飛ばすサービスっぷり。




お婆さんは、えらく満足した表情になりました。


「お爺さんや。沈没船を拾ってきたから
 一緒に探索しようかと思って
 拾ってきたんじゃよ。」





ちなみに、この婆さん。
開錠R15の猛者である。





二人で、武装して船に乗り込みました。




「どんなお宝があるか、楽しみだのぉ」




そこで二人が見たものはっ!?














船の中に乗り込んだ二人が見たものは
金銀財宝ではなく女性の死体でした。



「し、しっ・・・死んでるっ・・・ひぃ」




「あばばばば、婆さんや。け、警察を・・・」





沈没船に死体がいることは
大して珍しいことではないのですが
ご老体には効いた様子。



逃げ惑う二人。
その時、死体が動き出した。









「(゚Д゚≡゚Д゚)?」
「おはよーw」





思わず、お爺さんが叫びました。









「ゾンビじゃーっ!」








「Σヽ(゚Д゚; )ノ 」
「ど、どっどどどこにゾンビがっ!?」






女性が身構えて、老人二人の前に立ち
辺りを警戒し始めました。



「大丈夫。私が守ってみせます!」









「お前じゃーっ!」
m9っ`Д´) ビシッ



今度は、お婆さんが叫びました。





「・・・ワタシゾンビチガウ。ワタシニンゲンヨ。」





どうやら、この女性は
生きた人間のようです。





「あのー。リスボンに行こうと思っていたのですが
 途中から意識が無くなってしまって・・・
 ここは、どこでしょうか?」




「取り合えず、その物騒な斧を仕舞いなさい。
 話はそれからじゃ」




そう。この女性、ラブリュスを剥き出して持っています。




女性は、そそくさと斧をケースに仕舞ったそうな。




「ここはカイロじゃよ。お前さん、どこから来たんじゃ?」





「えっあの・・・インドの帰りに地中海に入って
 リスボンが見えたから安心して・・・その・・・」





どうやらこの女性、錯乱状態にあるようです。




「リスボンなら、ずっと西じゃよ。
 ここは、東地中海じゃからのぉ」




「えっ・・・mjdsk?」



話を聞くと、寝落ちしてそのまま東地中海に
流れ込んでしまい、全滅してしまったそうな。


仕方ないので、二人は女性を
自宅に連れて帰ったそうな。



月日は流れ、船の修理も終わりました。


「お爺さん、お婆さん。
 それでは、鬼ヶ島に行ってきます。」




女性が、訳のわからない事を言い出しました。





「はぁ・・・?良く分からんが、気をつけてのぉ」



「大丈夫!台所で見つけたキビ団子があるからっ!」




なんとこの女性、お婆さんの楽しみにしていた
三時のおやつをパクっていたのです!








「返せーっ!」




お婆さんは涙目になり
女性に襲い掛かりました。



しかし、その攻撃をヒラリと避ける女性。
追い討ちをかけました。



「もう犬も猿も鳥も、
 この団子のお陰で仲間になったわよ!」




ライオン

ナマケモノ

ジャノメドリ













「私の団子返せーっ!」



お婆さんにとっては、団子が何より大事だそうな。




「み、見て見て。熊もいるのよ







ギュンクマー










「クマーフルセットじゃ!?」



「死ぬ前に拝むことが出来るとは・・・
 ナンマンダブナンマンダブ・・・」

(-ι-З)




この隙に逃げ出す女性。




「さぁってと!インド行こうっ・・・と」


( ´O)η ファ~




女性の冒険は、まだまだ終わらない!?





fin

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2008/02/14 23:26】 ほしのあき | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<2008年02月 納品物 | ホーム | 合同演習>>
comments
--えりすさんへ--
寝落ちは認めるけど、話の内容自体はフィクションだからね~w
【2008/02/16 08:41】 URL | ほしのあき #-[ 編集] |
--やれやれ…--
まぁ、勢いがいいのは良いことです^^
……いつも通りやっちゃったわけですか、そうですか。。。



ふっ。。。ぶざまねw


とりあえず、お決まりの言葉をなげてみたw
【2008/02/15 21:24】 URL | えりす@リネ2 #-[ 編集] |
--つるさんへ--
ちょっと壮大に書いてみたのに、そんな身も蓋もないw
【2008/02/15 14:46】 URL | ほしのあき #-[ 編集] |
----
ようするにまた寝落ちってことですか?
【2008/02/15 14:43】 URL | つる #-[ 編集] |
----
勢いに任せて書いてみた。
反省はしていない。
【2008/02/14 23:40】 URL | ほしのあき #-[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://shionsyudoukai.blog80.fc2.com/tb.php/171-f2a0735c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。